あなただけの財布を手作りで制作します【手作り財布比較サイト】

top > 手作り財布情報 > 手作り財布のメリット・デメリット

手作り財布のメリット・デメリット

 手作りと言いますのは、一般的にイメージできるように、経験を積んだ職人が腕によりをかけて、一品づつ作り上げることを意味します。あらためていうまでもなく、機械を使用するということでなく、人の手で制作されていたなら手作りのカテゴリーには入ります。、一般的に考えて市場に流れる財布として挙げられることが多いのは、主として革を使用した手作り財布になります。
 これは、レザーウォレットとも言われています。革財布と一括りにしていいましても、扱われている革のタイプには天然皮革及び人工皮革がありまして、天然の中にあってもハイクラスなブライドルレザーが含まれた馬の皮、あるいは強靭性が素晴らしいレザーの牛そして、相対的にリーズナブルな価格帯の羊革といった種類に区分けされます。

 最近において、とりわけ財布にとても拘りを持っている方が拡大をみせています。人と一緒のものを所有しているのは好まないとか、他人とは全く違う個性をアイテムによってアピールしたいと考える方も相当増えています。殊の外財布にまで個性、あるいは価値観を映しだしたいと感じている人は、百貨店、あるいは雑貨店において販売されているような財布に対して見向きしません。
 活用されている皮革それから、金具や、装飾品、さらにカラーやファスナーの場所、さらに収納することができるカード数にさえ拘りを持って、あますところなくオーダーで財布を製作してもらおうとします。手作りは自分の快適性、或いは管理手法に従って財布を製作してもらうことができるの自身のライフスタイルに合わせた独自の財布を作ることができるというメリットがあります。

 手作り財布につきましては、天然の素材の革を、用いることが多いといえます。しかし、デメリットがありまして、そのひとつが水に対してあまり強くない点が挙げられます。水に関してば、革の大敵と言われ、水につかると水ぶくれができたり、色落ち、あるいは形状変化を挙げることが出来ます。加えて、湿気に非常に強いですが温度には抵抗力はないので形が変わってしまうことがあります。
 しかしながら、保革油によって防水性を実装したり寿命を引き延ばすことができます。加えて、カビは布、あるいは紙ヤスリによって擦り付けたりアルコールスプレーで拭いて殺菌できます。一方、頑固なカビはクリーニングに依頼することが求められるので日常の基礎的な乾拭き、或いはブラッシングなどをすることが大切になります。

次の記事へ
ページトップへ